マナー・接客・接遇研修から覆面調査まで、サービス向上のお手伝いをいたします。

デライトの特徴

デライトの特長

ー Features ー

デライト・コミュニケーションズがデザイニングする教育・研修は、あらゆる階層において重要視される
『ヒューマンスキル(対人関係能力)』のリテラシーを高めていくメソッド開発に注力しています。

※ハーバード大学ロバート・カッツ教授がビジネスに必要な3つのスキルとして、『テクニカルスキル(業務知識・遂行能力)』、
『コンセプチュアルスキル(概念化能力)』、『ヒューマンスキル(対人関係能力)』と定義・提唱

ビジネスパーソンに必要な3つのスキル

最適解の提供

クラス(職位)があがるにつれ、「テクニカルスキル」領域の比重は少なくなり、「ヒューマンスキル」と
「コンセプチュアルスキル」の比重がより高く求められていきます。

ビジネスの質を高めるヒューマンスキル(対人関係能力)

最適解の提供

ファシリテーション(調整力)

チーム単位で協力して目標を達成していくような場において、その場がより創造的で主体的に人々が発言し、同時に活動がスムーズに進行するように舵取りしていくためのスキルとなります。

人の話を聞く(傾聴力)

「会話」の場合、『自身が話す』と『相手の話を聞く』。この二つの行為によって成立します。当然、会話という言葉のキャッチボールにおいて、『人の話を聞く』ことの重要性が認識されるはずですが、意外に“聞く”という行為が苦手、あるいは軽視してしまう人が多いようです。

プレゼンテーション(表現力・説得力)

コミュニケーションスキルにおいて、【結果】が求められるのがプレゼンテーションです。
そしてコミュニケーションに必要なあらゆるスキルを動員し、異なる階層や組織・企業などの第三者に対し、自身の考えを“完全”に伝え、説得しなければなりません。

レジリエンス(心の耐性力)

本来は心理学用語で、ストレスや逆境など自分に不利な状況に際して、それに対する“しなやかで折れにくい心(=心の耐性力)”を意味します。
ビジネスコミュニケーションにおいて、近年ますます重要視されはじめた能力分野の一つです。

論理的なコミュニケーション(対話力)

論理的に話の筋道を明確にして、他人との意思の疎通(情報を交換する技術)を図るコミュニケーション技術で、こちらの情報を正しく相手に伝え、相手の持っている情報を正しく認識することにつながります。

ビジネスマナー(接遇力)

あらゆるビジネスの最も基本として求められるリテラシーであり、社会人として身につけるべき、常識でもあります。同時にコミュニケーションにおいて重要となる第一印象に作用します。

1成果へのこだわりとひとの育成(=人財化)を目指すプロフェッショナル講師

デライトの講師陣は、研修成果の定着化と継続的な育成プロセスの最適化を求め、クライアント企業様に対し、
常に仕組みとしての研修をご提案してまいります。

<階層別年次研修モデル(例)>

最適解の提供

※MG (Management Skills)=マネジメント

※SP  (Special Skills)=技能

2コンサルティングに基づく、問題解決に向けた徹底的なカスタマイズ

私たちの提供するものは、企業様の抱える問題や課題に対するソリューションです。
研修はそれを実現するための一つの手段として位置づけられます。
そのため、一つとして同じ研修は存在しません。

<研修カスタマイズに向けた課題分析の5つの視点>

最適解の提供

3『研修をデザイニング(designing)』

私たちの提供するものは、企業様の抱える問題や課題に対するソリューションです。
研修はそれを実現するための一つの手段として位置づけられます。
そのため、一つとして同じ研修は存在しません。

研修の効果を高めるために、研修を行うことそのものを目的化するのではなく、現況評価に基づく研修の目的と課題を把握することで、
課題解決型の研修の企画・実施が可能になります。
同時にその評価=効果を定量的に把握することで、次の打ち手を見極め、進化し続ける研修モデルを確立します。

Analysis

最適解の提供

最適解の提供

お問い合わせ